コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和公園 ヘイワコウエン

2件 の用語解説(平和公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいわ‐こうえん〔‐コウヱン〕【平和公園】

長崎県長崎市にある公園。昭和20年(1945)8月9日に投下された原子爆弾の落下中心地につくられた。平和祈念像がある。
愛知県名古屋市千種区にある公園。第二次大戦後、復興事業の一環として市内の墓地を統合・整備したもので、面積1.47平方キロメートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平和公園
へいわこうえん

長崎県長崎市浦上(うらかみ)地区の中心部にある公園。松山(まつやま)町、平野(ひらの)町、岡(おか)町にまたがる公園。松山町の公園は俗に原爆公園とよばれ、公園の一隅に「原子爆弾落下中心地之標」の黒御影(くろみかげ)の石柱がある。この爆心地から半径2キロメートルの浦上地区はまったくの焦土と化した。園内に移された旧浦上天主堂の遺壁や天使の像は、これを物語っている。平野町の長崎原爆資料館には、この世の終わりを思わせる悲惨な原爆資料が展示され、岡町にある平和祈念像(北村西望作、1955)は、右手は天にさして原爆の脅威を示し、左手は水平に伸ばし永遠の平和を願っている。8月9日原爆記念日のころには、この公園付近は夾竹桃(きょうちくとう)の花が真っ赤に燃えるように咲く。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平和公園の関連キーワード長崎県立大学アミュプラザ長崎大丸 長崎店長崎玉屋長崎ブリックホール長崎ペンギン水族館浜屋百貨店長崎本店みらい長崎ココウォーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平和公園の関連情報