コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相続欠格 そうぞくけっかく

1件 の用語解説(相続欠格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相続欠格
そうぞくけっかく

相続人となるべき者が法定の非行を行なった場合,法律上,当然にその相続資格を失うこと (民法 891) 。欠格事由には,被相続人または相続について先順位,同順位にある者を殺害したり殺害しようとして処刑された場合,詐欺,強迫によって被相続人の遺言を妨げたり遺言をさせたりした場合,被相続人の遺言書を偽造,変造,破棄,隠匿した場合などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の相続欠格の言及

【相続】より

…配偶者もまた代襲相続権を有しない。
[相続欠格]
 相続人が相続に関して不法・不当の行為を行った場合にその相続において失権させる制度である。欠格事由は,故意に被相続人,先順位・同順位相続人を殺しまたは殺そうとして刑に処せられた場合(891条1号),詐欺・強迫によって被相続人の遺言の作成等を妨げたり,遺言をさせたりした場合(同3号,4号),被相続人の遺言書を偽造,変造,破棄,隠匿した場合(同5号)など五つの場合に限られている。…

※「相続欠格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone