コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良頼親 さがら よりちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良頼親 さがら-よりちか

1197-1264 鎌倉時代の武将。
建久8年生まれ。肥後(熊本県)人吉荘の地頭相良長頼(ながより)の子。源実朝(さねとも)につかえたという。建保(けんぽ)7年鎌倉から人吉荘にかえる途中,実朝が暗殺されたことを知り,出家して観仙と号した。文永元年5月22日死去。68歳。初名は頼宗。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相良頼親の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android