相馬信夫(読み)そうま のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬信夫 そうま-のぶお

1916-1997 昭和後期-平成時代の神父。
大正5年6月21日生まれ。東京帝大を卒業後,東京カトリック大神学院でまなび,昭和35年司祭,44年名古屋司教となる。平成3年湾岸戦争の際には自衛隊機の派遣に反対し,民間機で避難民移送。また長年にわたり東ティモール人権問題にとりくむなど,「行動する司教」として知られた。平成9年10月6日死去。81歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android