コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬親胤 そうま ちかたね

2件 の用語解説(相馬親胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬親胤 そうま-ちかたね

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
相馬重胤(しげたね)の長男。建武(けんむ)2年(1335)相馬氏7代をつぎ,陸奥(むつ)小高城(福島県)城主となる。北朝方に属し,建武4=延元2年足利一族の石塔(いしどう)氏にしたがい常陸(ひたち)関城を攻める。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年陸奥東海道守護職に任じられた。延文3=正平13年(1358)隠居。通称は孫次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

相馬親胤

生年:生没年不詳
南北朝の武将。重胤の子。孫次郎,出羽守。建武2(1335)年父重胤から所領を譲与される。南北朝内乱では北朝方につき,吉良貞家に従って下総千葉城に発向し,次いで足利尊氏に従い上洛。常陸関城攻撃に加わったあと,居城小高城によって南朝勢と戦う。その後も三迫の戦,白河結城氏攻撃,さらに貞和3/正平2(1347)年霊山,宇津峰による南朝攻略にも参陣するなど各地を転戦し,奥州管領体制を支える一翼であった。観応の擾乱でも北朝方にとどまり,観応2/正平6(1351)年陸奥国東海道守護に補任されたが,同年柴田郡倉本河に出陣した際に疵をこうむる。延文3/正平13(1358)年に所領を子胤頼に譲与。<参考文献>豊田武・田代脩校訂『相馬文書』(『史料纂集』)

(伊藤清郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相馬親胤の関連キーワード古市重胤孫次郎阿蘇惟政五条頼治斯波兼頼田所信高千葉重胤(1)東重胤南部政行松浦定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone