コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県犬養大伴 あがたのいぬかいの おおとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県犬養大伴 あがたのいぬかいの-おおとも

?-701 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)のとき大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがい東国にいき,功をたてる。文武天皇5年1月29日死去。正広参の位を追贈された。名は大侶ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

県犬養大伴

没年:大宝1.7.29(701.9.6)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。名は大侶とも記す。壬申の乱(672)に舎人として初めから大海人皇子(のちの天武天皇)に従った。その功で功封100戸を与えられ,死没時には直大参,正広参を追贈された。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

県犬養大伴の関連キーワードあすか没年官吏飛鳥

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android