コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永泰公主墓 えいたいこうしゅぼYong-tai gong zhu-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永泰公主墓
えいたいこうしゅぼ
Yong-tai gong zhu-mu

中国陝西省乾県にある乾陵陪塚 (ばいちょう) の一つ。永泰公主は唐高宗李治と則天武后孫娘にあたり,中宗李顕の7女である。唐大足1 (701) 年に 17歳で亡くなり,神竜2 (706) 年に乾陵に陪葬されている。墓は封土を有し,地下に墓道,甬道を伴う前室,後室から成る墓室を有している。墓室壁,墓道壁には彩色の壁画が施され,青竜,白虎,闕楼,侍衛群像,花,雲鶴,日月,星辰が描かれている。また墓門と後室石槨には男侍,鳥獣などのすぐれた彫刻があり,三彩の陶俑などの多数の遺物も出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

永泰公主墓【えいたいこうしゅぼ】

中国,陝西省乾県城の南東にある唐の則天武后の孫娘,永泰公主李仙薫の墓。1960年―1962年に発掘調査が行われた。方墳で,石人,石獣(石人石獣)があり,墓室から女官従者を描いた唐代を代表する彩色壁画や多数の俑(よう)(明器)が発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいたいこうしゅぼ【永泰公主墓 Yŏng tài gōng zhǔ mù】

中国陝西省乾県にあり,西安より76.5kmに位置する。永泰公主は唐の中宗の七女,高宗と則天武后の孫にあたり,名は仙薫,字は穠輝。則天武后の大足1年(701)17歳のときに,夫である武延基の罪にふれ,自ら死んだ。中宗はその際何をすることもできなかったが,706年(神竜2)中宗が即位すると,高宗と則天武后を合葬した乾陵の南東2.5kmのところに陪葬させた。発掘調査は1960‐62年に行われた。墓は全長87.5mで,墓道,甬道,前室,後室の4部分からなり,土築と塼築の二つの場所がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

えいたいこうしゅぼ【永泰公主墓】

中国の陝西(せんせい)省の咸陽(かんよう)(シェンヤン)市郊外にある、唐の時代の皇女・永泰公主(えいたいこうしゅ)の墓。永泰公主は、第3代皇帝高宗と則天武后(そくてんぶこう)の孫娘、第4代皇帝中宗の7番目の娘・李仙蕙で、701年に17歳で他界した。この陵墓は、高宗と則天武后の眠る乾陵の東南にあり、1960~1962年にかけて行われた発掘で、玄室の青龍、白虎の壁画や、陶俑(とうよう)、石刻、陶磁器など1000点あまりの副葬品が発見された。この陵墓の正面にある乾陵博物館に出土品が展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永泰公主墓
えいたいこうしゅぼ

中国、陝西(せんせい/シャンシー)省乾(けん)県にある乾陵(けんりょう)陪葬墓の一つ。唐の4代皇帝中宗李顕(りけん)の七女李仙(りせんけい)(682―701)の墓で、夫の武延基と合葬されている。李仙は、李重潤(りじゅうじゅん)、李賢(りけん)らとともに則天武后の怒りを買って701年に死を賜ったが、のち706年に永泰公主を追贈され、乾陵北原に陪葬された。1960年から62年にかけて発掘調査を実施、多大の成果をあげた。
 墳丘は2段の方形台状をなし、下底の1辺は約56メートルで、懿徳(いとく)太子墓の墳丘規模と大差ない。地下には全長87.5メートルにわたって墓道、過洞、天井(てんせい)、小龕(しょうがん)、甬道(ようどう)、前室、後室が南から北へ並ぶ。地下施設の各壁面には青竜、白虎(びゃっこ)、武人、闕楼(けつろう)、儀仗(ぎじょう)、戟架(げきか)など、唐代を代表する彩色画が描かれ、前室、後室には男女の侍者群像や日、月、星宿図が配されていた。盗掘を受けていたが、小龕などから三彩俑(さんさいよう)、陶磁器、金銀器など、1000余点の副葬品が発見されている。[田辺昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永泰公主墓の関連キーワード田辺昭三中国服墳墓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android