真下 喜太郎(読み)マシタ キタロウ

20世紀日本人名事典「真下 喜太郎」の解説

真下 喜太郎
マシタ キタロウ

大正・昭和期の俳人



生年
明治21(1888)年6月9日

没年
昭和40(1965)年8月13日

出生地
群馬県前橋市

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科卒

経歴
大正6年高浜虚子の長女真砂子と結婚、以後虚子に師事し「ホトトギス」に投句戦時中、私立東北振興青年学校長などをする。戦後、俳諧文庫会主任などを歴任。「歳時記脚註」「続歳時記脚註」のがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる