コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真仁入道親王 しんにんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(真仁入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真仁入道親王 しんにんにゅうどうしんのう

1768-1805 江戸時代中期-後期,典仁(すけひと)親王の第5王子。
明和5年6月5日生まれ。深仁(しんにん)入道親王の弟。安永7年桃園天皇の養子となり,親王宣下(せんげ)をうける。同年尊真(そんしん)法親王のもとで得度し,妙法院にはいる。天明6年(1786)天台座主(ざす)となる。文化2年8月9日死去。38歳。幼称は時宮。俗名は周翰(ちかもと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真仁入道親王の関連キーワード池田治道伊東学而狩野永翁祇丞(2代)島篆癖諏訪忠正辻丹甫花江戸住人見蝶之文宝亭文宝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone