真境名 由康(読み)マジキナ ユウコウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「真境名 由康」の解説

真境名 由康
マジキナ ユウコウ


職業
琉球舞踊家 琉球芸能家

専門
組踊

生年月日
明治22年 10月8日

出身地
沖縄県 那覇市

経歴
父の死後、7歳で那覇辻端道の「下の芝居」の俳優真境名由祚の養子となり、組踊「大川敵討」の若按司役で初舞台。18歳頃より玉城盛重に組踊と古典舞踊を師事。その後沖縄芝居の劇団・沖縄座、球陽座、中座に所属し、さらに潮会、珊瑚座、国民劇場を結成してその座長となり、沖縄芝居の主流として活躍した。また沖縄伝統組踊保存会会長も務め、昭和47年には“組踊”が国の重要無形文化財総合指定に認定された。多くの歌劇、史劇、舞踊を創作し、代表作に歌劇「伊江島ハンドーグゥー」、雑踊り「渡んじゃー」「糸満乙女」、舞踊劇「人盗人」など。

没年月日
昭和57年 2月2日 (1982年)

家族
養父=真境名 由祚(俳優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典「真境名 由康」の解説

真境名 由康
マジキナ ユウコウ

明治〜昭和期の琉球舞踊家,琉球芸能家



生年
明治22(1889)年10月8日

没年
昭和57(1982)年2月2日

出身地
沖縄県那覇市

経歴
父の死後、7歳で那覇辻端道の「下の芝居」の役者真境名由祚の養子となり、組踊「大川敵討」の若按司役で初舞台。18歳頃より玉城盛重に組踊と古典舞踊を師事。その後沖縄座、球陽座、中座に所属し、さらに潮会、珊瑚座、国民劇場を結成してその座長となり、沖縄芝居の主流として活躍した。また沖縄伝統組踊保存会会長も務め、昭和47年には“組踊”が国の重要無形文化財総合指定に認定された。多くの歌劇、史劇、舞踊を創作し、代表作に歌劇「伊江島ハンドーグゥー」、雑踊り「渡んじゃー」「糸満乙女」、舞踊劇「人盗人」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android