コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木痴嚢 まき ちのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真木痴嚢 まき-ちのう

1853-1925 明治-大正時代の狂詩作家。
嘉永(かえい)6年生まれ。明治14年東京の「団団珍聞」の記者となり,狂詩の評を担当した。大正14年4月12日死去。73歳。安芸(あき)(広島県)出身。本名は幹之助。別号に山陽道人。著作に「狂詩語砕錦」「狂詩眼」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真木痴嚢の関連キーワード北欧美術徳川家慶前田寛治治安維持法ドイツ映画コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩明治維新