コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木菊四郎 まき きくしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真木菊四郎 まき-きくしろう

1843-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年9月19日生まれ。真木和泉(いずみ)の4男。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。父とともに脱藩して京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわる。元治(げんじ)2年薩長同盟のため三条実美(さねとみ)の命で太宰府から長州におもむき,同年2月14日反対派に暗殺された。23歳。名は道武,弦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

真木菊四郎 (まききくしろう)

生年月日:1843年9月19日
江戸時代末期の志士
1865年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

真木菊四郎の関連キーワード豊永 長吉生年月日天保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android