コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真渡(まわた)瓜

デジタル大辞泉プラスの解説

真渡(まわた)瓜

福島県会津若松市北会津地区で生産されるウリ。旧北会津村の真渡地区で大正時代から選抜栽培されてきた品種。香り、味ともによく、昭和30年代までは栽培が盛んだったが、メロンの栽培拡大とともに減少。会津ブランド推進委員会により「会津伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

真渡瓜[果菜類]
まわたうり

東北地方、福島県の地域ブランド。
会津地方で栽培されてきたまくわうりの一品種。大正時代初期、会津若松市北会津真渡地区の平山常松によって導入された。果形は俵型で縦に10条の筋があり、食味は、まくわうりのなかでは良いとされる。昭和30年代までは生産量が多かったが、プリンスメロン登場以降は栽培が激減。現在は、会津若松市を中心に主として地元市場向けの出荷用ならびに自家用として栽培されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android