コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田信重 さなだ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田信重 さなだ-のぶしげ

1599-1648 江戸時代前期の大名。
慶長4年7月生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田信之(のぶゆき)の3男。寛永16年兄信政(のぶまさ)が支藩上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩にうつったため,兄の松代分知領を領し,松代分封藩主となる。1万7000石。慶安元年10月25日死去。50歳。嗣子がなかったので,領地は幕府の承認をえて父にかえされた。上野出身。通称は越後。初名は信頼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真田信重の関連キーワードフロンドの乱マーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)金剛右京(1)雪窓宗崔カルムイク文字ロイスダールChristian