真神(読み)マカミ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しん【真神】

〘名〙 (「しんじん」とも) まことの神。正しい神。
※明六雑誌‐三三号(1875)善良なる母を造る説〈中村正直〉「天道を畏れ真神を敬し技芸を好み学術を嗜(たしな)み」

ま‐かみ【真神】

〘名〙 「おおかみ(狼)」の異名。
片われ月(1901)〈金子薫園〉「雨ふかきあら山中のひとつ家を饑ゑしまがみのめぐりては吼ゆ」
[補注]「万葉集」に「大口の真神の原」(一六三六、三二六八)とあり、地名「真神の原」に枕詞「大口の」がかかるところから推定される語。狼を畏怖して神と呼んだもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真神の関連情報