コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子薫園 かねこ くんえん

8件 の用語解説(金子薫園の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金子薫園

歌人。東京生。名は雄太郎。落合直文の浅香社に参加し、和歌と書を学ぶ。尾上柴舟と「叙景詩」を発刊した。また白菊会を起こし、日本文章学院の主幹を務めて後進の指導にあたった。昭和26年(1951)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かねこ‐くんえん〔‐クンヱン〕【金子薫園】

[1876~1951]歌人。東京の生まれ。本名、雄太郎。浅香社に入り、和歌の革新運動に参加。明星派に対抗して白菊会を結成。歌集に「片われ月」「草の上」「白鷺集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金子薫園【かねこくんえん】

歌人。本名雄太郎。東京生れ。落合直文に師事,浅香社にはいって和歌革新運動に参加。1901年歌集《片われ月》を出す。尾上柴舟と反《明星》の歌誌《叙景歌》を創刊。また白菊会を起こして後進を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子薫園 かねこ-くんえん

1876-1951 明治-昭和時代の歌人。
明治9年11月30日生まれ。落合直文のあさ香社にはいる。明治35年尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)とともに和歌革新運動をおこし,翌年白菊会を結成。昭和のはじめには自由律短歌をこころみた。昭和23年芸術院会員。昭和26年3月30日死去。74歳。東京出身。旧姓は武山。本名は雄太郎。歌集に「かたわれ月」「伶人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かねこくんえん【金子薫園】

1876‐1951(明治9‐昭和26)
歌人。本名雄太郎。東京生れ。東京府立尋常中学(後の府立一中)中退。早くから諸雑誌に歌を投稿,1893年にあさ香社に加わり落合直文の温雅な詠風を継承した。1902年尾上柴舟(おのえさいしゆう)と反《明星》の意図のもとに《叙景詩》を刊行し,翌年には白菊会を結成。《かたわれ月》(1901)で清新な抒情を見せ,《小詩国》(1904),《伶人》(1906)などを出したが,《覚めたる歌》(1910)以後現実的な作風へと移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かねこくんえん【金子薫園】

1876~1951) 歌人。東京生まれ。本名、雄太郎。「浅香社」同人。尾上柴舟とともに叙景歌運動を起こし、明星派に対抗した。歌風は平明温雅。歌集「片われ月」「伶人」「覚めたる歌」「白鷺集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子薫園
かねこくんえん

[生]1876.11.30. 東京
[没]1951.3.30. 東京
歌人。本名,雄太郎。 1892年東京府立尋常中学校を中退,翌年落合直文のあさ香社に入り,温雅な師の作風を継承,第1歌集『片われ月』 (1901) の抒情性によって歌名をあげた。 1902年尾上柴舟とともに「叙景詩運動」を起し,反『明星』派の立場を明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子薫園
かねこくんえん
(1876―1951)

歌人。東京生まれ。本名雄太郎。東京府尋常中学校(現日比谷(ひびや)高校)中退。1893年(明治26)落合直文の「あさ香社」に加わり、97年『新声』の歌欄を担当。1901年(明治34)歌集『片われ月』を刊行。温雅で浪漫(ろうまん)的な歌をつくったが、翌年、尾上柴舟(おのえさいしゅう)とともに反『明星(みょうじょう)』の「叙景詩運動」をおこし、03年「白菊会」を結成、恋愛至上主義に抗して自然の叙景歌を目ざした。10年歌集『覚めたる歌』を刊行し、当時の自然主義的思想の影響を受けて現実的傾向となる。18年(大正7)歌誌『光』を創刊、また30年(昭和5)には新興短歌運動の影響を受け自由律短歌を試み、時流とともに歩んだ。歌の特色は微温的で、近代都市風景を好んで歌った。短歌の啓蒙(けいもう)的著作も多い。46年(昭和21)芸術院会員。[藤岡武雄]
 枯れはてし蓮田(はすだ)の末にあひる飼ふ家ふたつ見えて秋の空たかし
『『明治文学全集63 金子薫園他集』(1967・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金子薫園の関連キーワード蒲原有明四賀光子久我通顕小絲源太郎今井栄(2)川田正澂小暮政次西村房太郎元田直滝 廉太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone