コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子薫園 かねこ くんえん

美術人名辞典の解説

金子薫園

歌人。東京生。名は雄太郎。落合直文浅香社に参加し、和歌と書を学ぶ。尾上柴舟と「叙景詩」を発刊した。また白菊会を起こし、日本文章学院の主幹を務めて後進の指導にあたった。昭和26年(1951)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かねこ‐くんえん〔‐クンヱン〕【金子薫園】

[1876~1951]歌人。東京の生まれ。本名、雄太郎。浅香社に入り、和歌の革新運動に参加。明星派に対抗して白菊会を結成。歌集に「片われ月」「草の上」「白鷺集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金子薫園【かねこくんえん】

歌人。本名雄太郎。東京生れ。落合直文に師事,浅香社にはいって和歌革新運動に参加。1901年歌集《片われ月》を出す。尾上柴舟と反《明星》の歌誌叙景歌》を創刊。また白菊会を起こして後進を育てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子薫園 かねこ-くんえん

1876-1951 明治-昭和時代の歌人。
明治9年11月30日生まれ。落合直文のあさ香社にはいる。明治35年尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)とともに和歌革新運動をおこし,翌年白菊会を結成。昭和のはじめには自由律短歌をこころみた。昭和23年芸術院会員。昭和26年3月30日死去。74歳。東京出身。旧姓は武山。本名は雄太郎。歌集に「かたわれ月」「伶人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かねこくんえん【金子薫園】

1876‐1951(明治9‐昭和26)
歌人。本名雄太郎。東京生れ。東京府立尋常中学(後の府立一中)中退。早くから諸雑誌に歌を投稿,1893年にあさ香社に加わり落合直文の温雅な詠風を継承した。1902年尾上柴舟(おのえさいしゆう)と反《明星》の意図のもとに《叙景詩》を刊行し,翌年には白菊会を結成。《かたわれ月》(1901)で清新な抒情を見せ,《小詩国》(1904),《伶人》(1906)などを出したが,《覚めたる歌》(1910)以後現実的な作風へと移った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かねこくんえん【金子薫園】

1876~1951) 歌人。東京生まれ。本名、雄太郎。「浅香社」同人。尾上柴舟とともに叙景歌運動を起こし、明星派に対抗した。歌風は平明温雅。歌集「片われ月」「伶人」「覚めたる歌」「白鷺集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子薫園
かねこくんえん

[生]1876.11.30. 東京
[没]1951.3.30. 東京
歌人。本名,雄太郎。 1892年東京府立尋常中学校を中退,翌年落合直文のあさ香社に入り,温雅な師の作風を継承,第1歌集『片われ月』 (1901) の抒情性によって歌名をあげた。 1902年尾上柴舟とともに「叙景詩運動」を起し,反『明星』派の立場を明らかにした。第2歌集『小詩国』 (04) ,『伶人』 (06) にはロマン調がみられるが,『わがおもひ』 (07) ,『覚めたる歌』 (10) を経て『山河』 (11) ,『草の上』 (14) と平明な叙景歌に進んでいった。 18年歌誌『光』を創刊。 46年芸術院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子薫園
かねこくんえん
(1876―1951)

歌人。東京生まれ。本名雄太郎。東京府尋常中学校(現日比谷(ひびや)高校)中退。1893年(明治26)落合直文の「あさ香社」に加わり、97年『新声』の歌欄を担当。1901年(明治34)歌集『片われ月』を刊行。温雅で浪漫(ろうまん)的な歌をつくったが、翌年、尾上柴舟(おのえさいしゅう)とともに反『明星(みょうじょう)』の「叙景詩運動」をおこし、03年「白菊会」を結成、恋愛至上主義に抗して自然の叙景歌を目ざした。10年歌集『覚めたる歌』を刊行し、当時の自然主義的思想の影響を受けて現実的傾向となる。18年(大正7)歌誌『光』を創刊、また30年(昭和5)には新興短歌運動の影響を受け自由律短歌を試み、時流とともに歩んだ。歌の特色は微温的で、近代都市風景を好んで歌った。短歌の啓蒙(けいもう)的著作も多い。46年(昭和21)芸術院会員。[藤岡武雄]
 枯れはてし蓮田(はすだ)の末にあひる飼ふ家ふたつ見えて秋の空たかし
『『明治文学全集63 金子薫園他集』(1967・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金子薫園の関連キーワード長谷川 誠一短歌(文学)山田 葩夕大井田 斉田波 御白古賀 愛子佐瀬 蘭舟大橋 緑葉和田 山蘭尾上 柴舟吉植 庄亮丹羽 洋岳昭和時代土岐善麿武山英子近藤 元岡 橙里吉植庄亮早川幾忠和田山蘭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android