真言七祖像(読み)しんごんしちそぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真言七祖像
しんごんしちそぞう

空海が在唐中,その師恵果から李真らに描かせた真言五祖 (金剛智善無畏不空,恵果,一行) の画像を贈られ,帰朝 (821) 後,これに龍猛・龍智像を描き加えさせて七祖とし,それに空海みずから名号,題字と,七祖の行状文などの賛を書いた。上部の名号,題字は飛白。行状文はみな草書を基調とし雑体書を混用したもので,画像の荘厳にふさわしい相をなしている。京都教王護国寺蔵。7幅。国宝。なお,のちに空海も加えられて真言八祖像として転写本も多く作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android