コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真言七祖像 しんごんしちそぞう

1件 の用語解説(真言七祖像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真言七祖像
しんごんしちそぞう

空海が在唐中,その師恵果から李真らに描かせた真言五祖 (金剛智,善無畏,不空,恵果,一行) の画像を贈られ,帰朝 (821) 後,これに龍猛・龍智像を描き加えさせて七祖とし,それに空海みずから名号,題字と,七祖の行状文などの賛を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真言七祖像の関連キーワード恵果阿闍梨請来目録風信帖李真恵果天真独朗天空海闊青龍寺真境真然

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone