コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵果 エカ

世界大百科事典 第2版の解説

けいか【恵果 Huì guŏ】

746‐805
中国,唐代の真言僧。大広智不空に,金剛界法をうけ,弘法大師空海に伝える。真言宗第7祖とよばれる。京兆昭応県(陝西省南部)の人。姓は馬。長安の青竜寺に住して,唐代密教を集大成し,代宗徳宗,順宗3朝の帰依をうけて国師となる。伝記,思想ともに早く資料を逸するが,空海が入唐中に記す《大唐青竜寺故三朝国師碑》によって,青竜寺跡も最近ようやく発掘調査がすすんでいる。【柳田 聖山

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えか【恵果】

けいか【恵果】

746~805) 中国唐代の密教の高僧。不空三蔵に学ぶ。代宗・徳宗・順宗に信任され、三朝の国師といわれる。空海の師として灌頂かんじようを授けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恵果
けいか
(746―805)

中国、唐代の密教の高僧。陝西(せんせい)省の人。初め長安の青龍寺の曇貞(どんてい)に、ついで大興善寺の不空三蔵(ふくうさんぞう)に師事して密教を学び、その秘奥(ひおう)を究めた。代宗(在位762~779)の帰依(きえ)を受けて内道場の護持僧となり、また青龍寺の東塔院に住して密教を広め、ついで徳宗(とくそう)、順宗(じゅんそう)(在位805)の崇敬を受け、三朝の国師と仰がれた。また民衆教化にも努め、門下には義明(ぎみょう)、義円(ぎえん)、弁弘(べんこう)、慧日(えにち)、義操(ぎそう)、惟上(いじょう)ら多くの人材を輩出した。805年には日本の空海が青龍寺において恵果から金剛界(こんごうかい)、胎蔵界(たいぞうかい)の灌頂(かんじょう)を受け、付法(師が法を伝授すること)の弟子となったが、この年の12月恵果は60歳で寂した。義操が師の後を継いで青龍寺主となり、空海は恵果追悼の碑文を書き、帰国して真言宗を開いた。日本の真言宗では、恵果を真言付法の八祖のなかの第七祖と仰ぐ。著作に『十八契印(げいいん)』『灌頂儀軌(ぎき)』などがある。[勝又俊教]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の恵果の言及

【密教】より

…金剛智の弟子不空は,唐代の玄宗・粛宗・代宗の3帝の信任を得て,密教を国家と不可分の関係においてその流通をはかり,また,おびただしい数の《金剛頂経》系の密教経典を翻訳して,密教を国家仏教の地位にまで引き上げた。不空の弟子恵果は,従来別個の流れであった《大日経》系の密教(大悲胎蔵法)と《金剛頂経》系の密教(金剛界法)とを両部不二とみて一元化し,のちの真言密教の思想大系の基礎をつくった。9世紀には,前述した二つの経典に《蘇悉地(そしつじ)経》を加えた密教の体系が構成された。…

【両界曼荼羅】より

…現存の両界曼荼羅のほとんどが空海請来系の現図曼荼羅であり,模写されて広く流布している。空海《請来目録》に,〈大毘盧遮那大悲胎蔵大曼荼羅一鋪(七幅,一丈六尺),金剛界九会曼荼羅一鋪(七幅,一丈六尺)〉とあるのが現図曼荼羅であり,この双幅の大曼荼羅は,空海の師の恵果(けいか)が供奉丹青(ぐぶたんせい)李真ら10余人の画工に描かせたといわれ,恵果より直接伝授されたものである。この両曼荼羅の組合せは,恵果以前には見いだせない。…

※「恵果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

恵果の関連キーワード実慧(じちえ)胎蔵界曼荼羅空海(1)両界曼荼羅付法の八祖現図曼荼羅真言七祖像真言七祖不空三蔵真言八祖請来目録灌頂真然李真

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恵果の関連情報