コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛智 こんごうちVajrabodhi

7件 の用語解説(金剛智の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛智
こんごうち
Vajrabodhi

[生]671頃
[没]開元29(741).洛陽
密教付法相承の第5祖,中国密教の第1祖。跋日羅菩提と音写される。南インドの王族の出身,あるいは中インドのバラモンの出身ともいわれ,ナーランダ寺で出家。 31歳のとき,龍樹の弟子である南インドの龍智のもとで,密教の奥義を学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐ち〔コンガウ‐〕【金剛×智】

仏の智慧。きわめて堅固な智慧。
[補説]人名別項。→金剛智

こんごうち【金剛智】[人名]

《〈梵〉Vajrabodhiの訳》[671~741]中国、唐代の僧。中インドの王子とも南インドのバラモンの出身ともいう。竜智密教を学び、これを洛陽・長安で広めた。仏典の漢訳も多い。密教付法の八祖真言八祖)の第5、中国密教の初祖とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうち【金剛智 Jīn gāng zhì】

671‐741
中国唐代の訳経僧,密教付法の第5祖。インド摩羅耶国の王族といわれ,本名はバジュラボディVajrabodhi(跋日羅菩提)。ナーランダー寺に出家し律,唯識を修め,さらに竜智から金剛頂など真言密教の奥旨を受けた。のち唐への伝導を決意,海路により720年(開元8)長安に達し,20年の間,訳経のかたわら密教の普及につとめ,玄宗の勅命により大慈恩寺に住した。のち洛陽に没した。《金剛頂瑜伽中略出念誦経》訳出は金剛界系密教の基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうち【金剛智】

〘仏〙 金剛のように堅くて鋭い智慧。仏の智慧をいう。
人名(別項参照)。

こんごうち【金剛智】

Vajrabodhi〕 (671?~741) 密教の付法八祖の第五。中国密教の始祖。南インド出身という。720年入唐。金剛頂経系統の経典を翻訳、善無畏とともに密教をひろめた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金剛智
こんごうち
(671―741)

インドの僧。サンスクリット名はバジラボディVajrabodhi。中インドの王子とも、南インド、マウルヤ国のバラモンの出身ともいわれる。10歳でナーランダ寺で出家し、ここで大乗仏教の論書『般若燈論(はんにゃとうろん)』『百論』『十二門論』『瑜伽(ゆが)論』『唯識(ゆいしき)論』『辨中辺(べんちゅうへん)論』を学んだ。さらに南インドで『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』系の密教を修め、インド、スリランカなどを巡ったのち、航路で中国に行き、720年(開元8)洛陽(らくよう)に入った。玄宗の庇護(ひご)のもと、洛陽と長安にあって、723年から約20年間に『金剛頂瑜伽中略出念誦(りゃくしゅつねんじゅ)経』4巻をはじめ、おもに『金剛頂経』系統の経典、儀軌(ぎき)を翻訳した。『金剛頂経』などのインド密教中期の密教経典を次々に紹介したことは、善無畏(ぜんむい)による『大日(だいにち)経』の翻訳とともに、中国密教確立の端緒となった。のち、弟子の不空(ふくう)の奏請により、大弘教三蔵(だいぐきょうさんぞう)の諡号(しごう)を賜る。真言宗付法の第五祖。『大日経』系の善無畏と、『金剛頂経』系の金剛智との間に交渉があったといわれるが、不明である。[小野塚幾澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金剛智の関連キーワード国分寺(寺)天智天皇天智天皇弘文天皇天智天皇金剛智金剛智レオ[3世]レオイサウリア朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone