コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李真 りしんLi Zhen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李真
りしん
Li Zhen

中国,中唐の職業画家。8世紀後半~9世紀初めに活躍。出身地不明。徳宗 (在位 779~804) 時代に道釈画専門の画家として知られ,段成式撰の『寺塔記』では周 昉優劣を論じがたいとして並称された。空海が入唐して帰朝する際,師の恵果阿闍梨から授けられた『真言五祖像』 (→真言七祖像 ) の作者として著名。この作品は唐代著名画家制作になる現存唯一の確証ある作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

李真【りしん】

中国,唐代の宮廷画家生没年不詳。貞元年間(785年―805年)に長安の招福寺をはじめ多くの寺院に壁画を制作。東寺に伝わる《真言七祖像》のうち5幅は,李真を筆頭とする10余人の画家の合作で,肥痩(ひそう)のない細い描線と細かい色の隈取(くまどり)で,名僧性情までも活写している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李真
りしん

生没年未詳。中国、唐代の画家。徳宗朝の貞元年間(785~804)に招福寺庫院の鬼子母神(きしもじん)像を描くなど、多くの寺院の壁画制作に活躍。周(しゅうぼう)と並び称された。京都・東(とう)寺にある『真言五祖像』(のち821年わが国で描かせた二祖像を加え『真言七祖像』として国宝指定)は、写実的な描写で有名であるが、これは、806年(大同1、唐の元和1)空海が唐より帰国する際、師の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)が李真をはじめ十余人に描かせ与えたものである。描かれてより1000年以上たつこれら五祖像は、絹地の破れ、賦彩の剥落(はくらく)が甚だしく、元の姿からはほど遠いが、唐時代の絵画作品が少ない現在、唐代の正統的画法を示すものとして貴重である。[近藤秀実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の李真の言及

【両界曼荼羅】より

…現存の両界曼荼羅のほとんどが空海請来系の現図曼荼羅であり,模写されて広く流布している。空海《請来目録》に,〈大毘盧遮那大悲胎蔵大曼荼羅一鋪(七幅,一丈六尺),金剛界九会曼荼羅一鋪(七幅,一丈六尺)〉とあるのが現図曼荼羅であり,この双幅の大曼荼羅は,空海の師の恵果(けいか)が供奉丹青(ぐぶたんせい)李真ら10余人の画工に描かせたといわれ,恵果より直接伝授されたものである。この両曼荼羅の組合せは,恵果以前には見いだせない。…

※「李真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

李真の関連キーワード高雄曼荼羅肖像唱劇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李真の関連情報