コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真言宗豊山派 しんごんしゅうぶざんは

百科事典マイペディアの解説

真言宗豊山派【しんごんしゅうぶざんは】

真言宗の新義真言の一派。総本山は奈良県桜井市の長谷寺真言宗智山派と同じく覚鑁(かくばん)を開祖とする。織田信長のため根来(ねごろ)寺を追われた専誉が,1587年豊臣秀長に保護され,長谷寺に入って以来,一派を形成。
→関連項目大正大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の真言宗豊山派の言及

【新義真言宗】より

…高野山を拠点とする空海以来の真言宗(古義真言宗)に対し,紀州根来(ねごろ)寺に拠った覚鑁(かくばん)を宗祖とする一派。現在は京都智積(ちしやく)院を本山とする真言宗智山派と,奈良県桜井市の長谷寺を本山とする真言宗豊山(ぶざん)派が二大宗派で,根来寺は別に新義真言宗本山を称する。 平安時代末期の僧興教大師覚鑁は,肥前国に生まれ,仁和寺,興福寺,東大寺を経て高野山に登り,鳥羽上皇の絶大な信任を得て,1132年(長承1)山上に大伝法院,密厳(みつごん)院を建立し,また,伝法会料として紀伊国7ヵ荘の寄進を受けた。…

【長谷寺】より

…奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山(ぶざん)派の総本山。豊山神楽院と号し,古くは泊瀬寺,長谷山寺などとも記される。…

※「真言宗豊山派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真言宗豊山派の関連キーワード恵隆寺 立木観音堂村松山虚空蔵堂筑波山大御堂不動院願成寺田島 隆純西新井大師最御崎寺浄瑠璃寺金剛頂寺大悲願寺金剛福寺禅師峰寺護国寺佐竹寺石手寺津照寺種間寺宝厳寺栄山寺鶏足寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真言宗豊山派の関連情報