コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真言宗豊山派 しんごんしゅうぶざんは

1件 の用語解説(真言宗豊山派の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

真言宗豊山派【しんごんしゅうぶざんは】

真言宗新義真言の一派。総本山奈良県桜井市長谷寺真言宗智山派と同じく覚鑁(かくばん)を開祖とする。織田信長のため根来(ねごろ)寺を追われた専誉が,1587年豊臣秀長に保護され,長谷寺に入って以来,一派を形成。
→関連項目大正大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の真言宗豊山派の言及

【新義真言宗】より

…高野山を拠点とする空海以来の真言宗(古義真言宗)に対し,紀州根来(ねごろ)寺に拠った覚鑁(かくばん)を宗祖とする一派。現在は京都智積(ちしやく)院を本山とする真言宗智山派と,奈良県桜井市の長谷寺を本山とする真言宗豊山(ぶざん)派が二大宗派で,根来寺は別に新義真言宗本山を称する。 平安時代末期の僧興教大師覚鑁は,肥前国に生まれ,仁和寺,興福寺,東大寺を経て高野山に登り,鳥羽上皇の絶大な信任を得て,1132年(長承1)山上に大伝法院,密厳(みつごん)院を建立し,また,伝法会料として紀伊国7ヵ荘の寄進を受けた。…

【長谷寺】より

…奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山(ぶざん)派の総本山。豊山神楽院と号し,古くは泊瀬寺,長谷山寺などとも記される。…

※「真言宗豊山派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真言宗豊山派の関連キーワード新義真言宗真言律宗当山派古義真言宗新義新義派大覚寺派智山派豊山派土師原穆秀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真言宗豊山派の関連情報