コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専誉 せんよ

3件 の用語解説(専誉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

専誉 せんよ

1530-1604 織豊時代の僧。
享禄(きょうろく)3年生まれ。真言宗豊山(ぶざん)派の祖。紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)の玄誉(げんよ),頼玄(らいげん)に師事。天正(てんしょう)13年豊臣秀吉の根来攻めにあい,高野山にのがれる。15年豊臣秀長にまねかれ大和(奈良県)長谷寺(はせでら)にはいり,同寺を新義真言宗の根本道場とした。慶長9年5月5日死去。75歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俗姓は石垣。字(あざな)は宮賢(きゅうけん)。号は小池坊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

専誉

没年:慶長9.5.5(1604.6.2)
生年:享禄3(1530)
戦国・江戸初期の新義真言宗の学僧,真言宗豊山派の開祖。和泉国大鳥郡(大阪府)の人,姓は石垣氏。生まれつき温和で考え深く,その性格を見抜いた父に伴われて9歳のとき根来山に上り,妙音院(小池坊)玄誉の弟子となる。以後,学問に専念して倦むことなく,25歳より南都で唯識・華厳を学び,40歳のときに三井寺,比叡山で天台を修め,さらに醍醐で中性院流を受けて根来に帰る。直ちに妙音院頼玄に抜擢されて脇能化となり,小池坊で講義を開始。天正12(1584)年8月頼玄から譲られて能化となるが,客方の智積院玄宥を推す人々があったので,それも容れて共に能化職となる。同13年根来が戦火に罹ると学侶を伴って高野山に逃れ,さらに醍醐・和泉国分寺へと移ったが,同15年大和の国守豊臣(羽柴)秀長に請われて大和の豊山・長谷寺に入った。当時長谷寺は興福寺末の法相宗の寺となっていたが,専誉は住坊を根来妙音院にちなんで小池坊中性院と名づけ,秀長の助けによって大いに堂宇を整備して講義を再開,全国より学徒が参集した。さらに豊臣秀吉,徳川家康の信頼を得て寺領とその安全を保障され,以後,豊山は学問の中心地として長く栄えることになった。<参考文献>隆慶編『豊山伝通記』中

(津田眞一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

専誉
せんよ
(1530―1604)

安土(あづち)桃山時代の僧。真言(しんごん)宗豊山(ぶざん)派の派祖。大和(やまと)(奈良県)長谷寺(はせでら)中興第1世。字(あざな)は宮賢。俗姓は石垣氏。和泉(いずみ)(大阪府)の人。9歳で紀州(和歌山県)根来(ねごろ)山妙音院の玄誉(げんよ)につき、奈良、園城寺(おんじょうじ)、比叡山(ひえいざん)、醍醐寺(だいごじ)に遊学する。1584年(天正12)根来寺座主(ざす)となる。翌年3月、豊臣(とよとみ)秀吉の攻撃を受けて学徒は四散したが、87年豊臣秀長(ひでなが)の望みで長谷寺に移り、法相(ほっそう)宗を改めて新義真言宗の道場に定めた。同寺の諸堂宇の復興に努め、真言教学を再興したので、学徒が雲集するに至った。[宮坂宥勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の専誉の言及

【新義真言宗】より

…頼瑜は加持身教主説を提唱して教学上の新風をうちたて,新義真言宗興隆の基礎を築いた。その後,根来寺は大いに繁栄したものの,1585年(天正13)豊臣秀吉の兵火のために灰燼(かいじん)に帰し,難を避けた妙音院専誉(1530‐1604),智積院玄宥(げんゆう)(1529‐1605)は,長谷寺,智積院をそれぞれ再興し,新義真言宗中興の祖となった。【山陰 加春夫】。…

【根来寺】より

…ことに僧兵を擁して威勢強く,近隣の戦国大名とも戦ったが,1585年(天正13)豊臣秀吉の焼討ちにあい,伽藍はほとんど壊滅した。このとき学頭の専誉(せんよ)は長谷寺に入り(豊山(ぶざん)派),玄宥(げんゆう)は京都に智積(ちしやく)院を建て(智山派),それぞれ法灯を継いだ。1623年(元和9)紀州藩主徳川頼宣(よりのぶ)は250石を寄進し,1707年(宝永4)護持院の隆光は将軍綱吉の許可を得て伽藍の修造を図り,97年(寛政9)蓮華院の法住によって大伝法堂再建意趣が作成され,1824年(文政7)完成した。…

【長谷寺】より

…1469年(文明1)8月の炎上とその再興にあたっては,大内氏の助援を得て李氏朝鮮に高麗船(こまぶね)を派遣し,高麗版《大蔵経》を入手している。1585年(天正13)紀州根来(ねごろ)寺が兵火に焼かれ,専誉(1530‐1604)が当寺に入寺してから,新義真言宗の根本道場となった。1612年(慶長17)徳川家康より朱印寺領300石が寄せられ,以後徳川氏の庇護厚く,1650年(慶安3)には本堂(観音堂),登廊,鐘楼などが再興された。…

※「専誉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

専誉の関連キーワード泉智等弘法大師滝承天阿刀弘文新義真言宗真言律宗古義真言宗新義新義派智山派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

専誉の関連情報