コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鶴半島 まなづるはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真鶴半島
まなづるはんとう

神奈川県南西部,相模湾に突出している小半島。全長 3km。箱根山溶岩流により形成された溶岩台地で,海岸は断崖が多い。北側に真鶴港,南側に福浦港がある。先端の真鶴岬には江戸時代末期に砲台が設けられた。景勝地三ツ石がある。サボテンランドやキャンプ場があり,真鶴半島県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まなつるはんとう【真鶴半島】

伊豆半島の基部から相模湾に突出する小半島。箱根火山の溶岩台地。常緑広葉樹の自然林におおわれる。真鶴岬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の真鶴半島の言及

【真鶴岬】より

…神奈川県の南西端,静岡県との県境近くにある岬で頸部を含めて真鶴半島ともいわれる。箱根火山が噴出した安山岩質の溶岩流によって形成されたもので,相模湾に向かって南東に長さ約3km突出している。…

※「真鶴半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真鶴半島の関連キーワード神奈川県足柄下郡真鶴町貴船神社(神奈川県)真鶴(町)常緑広葉樹真鶴[町]伊豆半島箱根火山自然林真鶴町基部

真鶴半島の関連情報