コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鶴半島 まなづるはんとう

2件 の用語解説(真鶴半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真鶴半島
まなづるはんとう

神奈川県南西部,相模湾に突出している小半島。全長 3km。箱根山の溶岩流により形成された溶岩台地で,海岸は断崖が多い。北側に真鶴港,南側に福浦港がある。先端の真鶴岬には江戸時代末期に砲台が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の真鶴半島の言及

【真鶴岬】より

…神奈川県の南西端,静岡県との県境近くにある岬で頸部を含めて真鶴半島ともいわれる。箱根火山が噴出した安山岩質の溶岩流によって形成されたもので,相模湾に向かって南東に長さ約3km突出している。…

※「真鶴半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真鶴半島の関連情報