コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鶴岬 マナヅルミサキ

4件 の用語解説(真鶴岬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まなづる‐みさき【真鶴岬】

神奈川県南西部、相模湾に突出する岬。箱根火山の溶岩流で形成され、台地状をなす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まなづるみさき【真鶴岬】

神奈川県の南西端,静岡県との県境近くにある岬で頸部を含めて真鶴半島ともいわれる。箱根火山が噴出した安山岩質の溶岩流によって形成されたもので,相模湾に向かって南東に長さ約3km突出している。台地上は亜熱帯植物クスノキ,シイ,タブノキなどの自然林におおわれ,中央部には近世の小田原藩有林(御林)から続く国有林がある。岬の先端からさらに海中に500mほど岩礁が続き,その先端に三つの巨岩があり三ッ石(笠島)とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕真鶴岬(まなづるみさき)


神奈川県西部、伊豆(いず)半島の基部東岸にある岬。相模灘(さがみなだ)に突出した真鶴半島の先端をなす。箱根(はこね)山の溶岩台地からなる。一帯はクスノキ・ビャクシンの美林が茂り、県立自然公園に指定。沖の三ツ石は磯(いそ)釣りの名所。真鶴サボテンランドなどの観光施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真鶴岬
まなづるみさき

神奈川県の南西端近く、真鶴(まなづる)町の海岸に突き出た小半島。真鶴半島ともいう。真鶴の名は、この半島がツルの羽を広げた形に似ていることに由来するという。真鶴港の南から南東海上へ約3キロメートルにわたって延び、箱根火山(古期外輪山)の溶岩流からなり、台地状をなす。先端は断崖(だんがい)をなし、それから続く海中には半島と同質の奇岩が点在し、うち大きな三つは「三つ石」とよばれる。一帯の磯(いそ)(岩礁(がんしょう))には海生動植物が豊富である。半島はクス、スダジイなどの暖帯性常緑広葉樹林に覆われ、学術上の価値が高い。クスの老樹には趣(おもむき)があり、全域が県立真鶴半島自然公園に指定され、スダジイの極相林(きょくそうりん)の保護にはとくに注意が払われている。年間を通じて釣り客、磯遊び客をはじめ、訪れる者が多い。JR東海道本線真鶴駅からバスで約10分。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真鶴岬の関連キーワード金時山サンディエゴ堂ヶ島温泉箱根峠足柄山恰克図県境腰越駿河三ノ峰

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真鶴岬の関連情報