コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠り姫 ネムリヒメ

4件 の用語解説(眠り姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねむりひめ【眠り姫】

眠れる森の美女

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねむりひめ【眠り姫】

フランスのシャルルペローが1697年に出版した《昔々の物語ならびに教訓》に収めた話と,ドイツの《グリム童話》とによって知られている昔話。いばら姫ともいう。王女誕生の祝いのとき,招待されなかった仙女がその子の死を予告するが,招待された仙女がこれを100年の眠りと定める。予言のとおり,15歳になったとき,紡錘で指を刺して眠りにおち,宮殿全体も同時に眠り始める。100年後,城に入ってきた王子が,姫の美しさに打たれてキスすると,ちょうど100年が過ぎていて姫は目をさまし,王子と結婚する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねむりひめ【眠り姫】

ヨーロッパの昔話。呪のろいで100年の眠りにおちた眠り姫が、100年後に訪れた王子の接吻せつぷんで目覚める。姫とともに眠りについていた城の人々も目覚めて、二人は結婚するというもの。フランスのペロー、ドイツのグリムなどの童話集にあるが、オリエント起源の話といわれる。チャイコフスキーが「眠りの森の美女」の名でバレエ化。いばら姫。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眠り姫の関連情報