コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠り姫 ネムリヒメ

4件 の用語解説(眠り姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねむりひめ【眠り姫】

眠れる森の美女

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

眠り姫

米国の作家ダニエル・キイス長編小説(1998)。原題《Until Death Do Us Part》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねむりひめ【眠り姫】

フランスのシャルルペローが1697年に出版した《昔々の物語ならびに教訓》に収めた話と,ドイツの《グリム童話》とによって知られている昔話。いばら姫ともいう。王女誕生の祝いのとき,招待されなかった仙女がその子の死を予告するが,招待された仙女がこれを100年の眠りと定める。予言のとおり,15歳になったとき,紡錘で指を刺して眠りにおち,宮殿全体も同時に眠り始める。100年後,城に入ってきた王子が,姫の美しさに打たれてキスすると,ちょうど100年が過ぎていて姫は目をさまし,王子と結婚する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねむりひめ【眠り姫】

ヨーロッパの昔話。呪のろいで100年の眠りにおちた眠り姫が、100年後に訪れた王子の接吻せつぷんで目覚める。姫とともに眠りについていた城の人々も目覚めて、二人は結婚するというもの。フランスのペロー、ドイツのグリムなどの童話集にあるが、オリエント起源の話といわれる。チャイコフスキーが「眠りの森の美女」の名でバレエ化。いばら姫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眠り姫の関連キーワードシャルルの法則シャルルビルメジエールシンデレラシャルルドルレアンボイルシャルルの法則シャルルボワシャルル・ド・ゴールブルトイユ城青ひげ公の城長靴をはいた猫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眠り姫の関連情報