(読み)めくばす

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐くば・す【眴】

〘自サ下二〙 =めくわす(眴)
浄瑠璃嫗山姥(1712頃)一「喜之介ふすまのかげ今や出でん今や出でんと、たがひにめくばせきをかよはし」

め‐くばせ【眴】

※浄瑠璃・宇治の姫切(1658)初「二人の物みるよりも、すわやときっとめくばせし」
※今戸心中(1896)〈広津柳浪〉五「『もう此儘出掛けよう、夜が明けても困る』と、西宮は小万に(メクバ)せして」
[語誌](1)中古には目で合図することを「めをくはす」「めくはす」といった。「め」は「目」、「くはす」は「食はす」で、目を合わせる意を表わす。この「めをくはす」は中世には用いられなくなり、「めくはす」「めくはせ」の形のみが残った。→めくわせ
(2)中古には「めくはせ」と清音であったが、中世末には第二音節が濁音化した「めぐはせ」も使われた。近世には第三音節を濁音とする「めくばせ」が現われた。
(3)互いに目を交わすというところから「めくばせ」とほぼ同意の「めまじ(目交)」「めまぜ(目交)」も用いられていたが、現在では「めくばせ」が一般的である。

め‐くわ・す ‥くはす【眴】

〘自サ下二〙 まばたきして意志を伝える。目を動かして合図する。目くばせをする。めくばす。
※伊勢物語(10C前)一〇四「世をうみのあまとし人を見るからにめくはせよともたのまるる哉」
※読本・春雨物語(1808)樊噲上「このあぶれ者等も、大蔵なるべしとて、目くはせたるを見て」

め‐くわせ ‥くはせ【眴】

〘名〙 (「めぐわせ」とも) まばたきして意志を伝えること。目を動かして合図すること。めくばせ。めぐばえ。めぐわえ。めくばし。
※色葉字類抄(1177‐81)「眴 メクハス メクハセ」
※太平記(14C後)一四「式部大夫義治は父の義助の勢の中へつと懸入り様に、若党にきっと目くはせせられければ」
[語誌]→「めくばせ(眴)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる