コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜之介(読み)きのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜之介 きのすけ

1833-1906 江戸後期-明治時代の陶工。
天保(てんぽう)4年生まれ。喜作ともいい,のち若林寿山と称した。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩の藩窯で湖東焼をつくり,大皿を得意とした。藩窯廃止後は兄喜平の山口窯,京都の幹山伝七の工場で作陶にたずさわる。明治39年10月死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android