コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡虎地秦墓 すいこちしんぼShuì hǔ dì Qín mù

1件 の用語解説(睡虎地秦墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいこちしんぼ【睡虎地秦墓 Shuì hǔ dì Qín mù】

中国,湖北省から発見された秦代の墓跡群。1975年11月湖北省雲夢(うんぼう)県睡虎地において下水道工事の際,秦代の墓が発見され,同年12月から翌年1月にかけて発掘調査が行われた。その結果,12座の墓を発掘し多くの副葬品を得た(〈雲夢〉の項目参照)。副葬品は,文房具をはじめ,漆,銅,鉄,陶,竹,木などで作った器物387点のほか,11号墓の棺の中から隷書で書かれた1100余枚の竹簡(雲夢秦簡)が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の睡虎地秦墓の言及

【秦】より

… 従来,秦帝国は法家思想に基づき厳刑主義を採用したとされているが,秦の法律の内容について残されている史料はほとんどなかった。ところが1975年に湖北省雲夢県睡虎地から統一秦直前の時期のものと推定される竹簡〈雲夢(うんぼう)秦簡〉が1000枚以上発見され,秦律の実態の一部が明らかとなった(睡虎地秦墓)。たとえば,これまで秦の法律は,商鞅が魏の李悝(りかい)が作った《法経》6編を基にして〈六律〉を作り,それが漢の〈九章律〉に吸収されたといわれてきたが,雲夢秦簡には二十数種の律名が明記されており,六律のほかに付加法としての律の存在を認めねばならなくなった。…

※「睡虎地秦墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone