コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡虎地秦墓 すいこちしんぼ Shuì hǔ dì Qín mù

1件 の用語解説(睡虎地秦墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいこちしんぼ【睡虎地秦墓 Shuì hǔ dì Qín mù】

中国,湖北省から発見された秦代の墓跡群。1975年11月湖北省雲夢(うんぼう)県睡虎地において下水道工事の際,秦代の墓が発見され,同年12月から翌年1月にかけて発掘調査が行われた。その結果,12座の墓を発掘し多くの副葬品を得た(〈雲夢〉の項目参照)。副葬品は,文房具をはじめ,漆,銅,鉄,陶,竹,木などで作った器物387点のほか,11号墓の棺の中から隷書で書かれた1100余枚の竹簡(雲夢秦簡)が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の睡虎地秦墓の言及

【秦】より

… 従来,秦帝国は法家思想に基づき厳刑主義を採用したとされているが,秦の法律の内容について残されている史料はほとんどなかった。ところが1975年に湖北省雲夢県睡虎地から統一秦直前の時期のものと推定される竹簡〈雲夢(うんぼう)秦簡〉が1000枚以上発見され,秦律の実態の一部が明らかとなった(睡虎地秦墓)。たとえば,これまで秦の法律は,商鞅が魏の李悝(りかい)が作った《法経》6編を基にして〈六律〉を作り,それが漢の〈九章律〉に吸収されたといわれてきたが,雲夢秦簡には二十数種の律名が明記されており,六律のほかに付加法としての律の存在を認めねばならなくなった。…

※「睡虎地秦墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

睡虎地秦墓の関連キーワードエディアカラ動物群湖北省湖北赤壁雲夢沢営城子三峡大賀蓮兵馬俑坑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone