矢田一嘯(読み)やだ いっしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田一嘯 やだ-いっしょう

1859*-1913 明治時代の洋画家。
安政5年12月19日生まれ。アメリカでパノラマの描法を研究。明治23年東京上野のパノラマ館開設に際し白河戦争の大場面をえがく。27年から福岡市に定住油絵の「蒙古軍襲来絵図」や銅像台座の日蓮法難図原画を制作。博多人形の品質向上にも貢献した。大正2年4月22日死去。56歳。武蔵(むさし)横浜出身。本名は虎吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android