コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢田五郎右衛門 やだ ごろうえもん

1件 の用語解説(矢田五郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田五郎右衛門 やだ-ごろうえもん

1675-1703 江戸時代前期の武士。
延宝3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士ひとり。塙武助の変名で江戸の檜物屋惣兵衛店に赤埴(あかはに)源蔵とかくれすみ,吉良邸の動静をさぐる。元禄(げんろく)15年討ち入りにくわわり,16年2月4日細川邸で切腹。29歳。名は助武。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢田五郎右衛門の関連キーワード談林十百韻光の科学史伊達綱村小野寺十内竹本座企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業帰国支援事業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone