矢野峰人(読み)やの ほうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野峰人 やの-ほうじん

1893-1988 大正-昭和時代の詩人,英文学者。
明治26年3月11日生まれ。三木露風,北原白秋の影響をうけ,「黙祷(もくとう)」などを発表。また上田敏,厨川(くりやがわ)白村に英文学をまなび,台北帝大教授をへて都立大,東洋大の学長をつとめた。昭和63年5月21日死去。95歳。岡山県出身。京都帝大卒。本名は禾積(かづみ)。著作に「近代英文学史」,訳詩集に「しるえつと」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢野峰人
やのほうじん
(1893―1988)

詩人、英文学者。岡山県の生まれ。本名禾積(かづみ)。京都帝国大学英文科卒業。上田敏(びん)、厨川白村(くりやがわはくそん)らに教えを受ける。小学校時代から詩をつくり、北原白秋(はくしゅう)や三木露風(ろふう)らの影響を受けた。詩集に『黙祷(もくとう)』(1919)、『幻塵(げんじん)集』(1940)、『影』(1943)など、訳詩集に『しるえつと』(1933)、『ルバイヤート』の訳『波斯(ぺるしあ)古詩 現世経(げんぜきょう)』(1959)などがある。また『近代英文学史』(1926)、『近英文芸批評史』(1943)、『蒲原有明(かんばらありあけ)研究』(1948)、『新・文学概論』(1961)なども、優れた業績とされる。[山中信夫]
『『蒲原有明研究』新訂版(1984・日本図書センター) ▽『新・文学概論』増補版(1968・大明堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android