コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢頭右衛門七 やとう えもしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢頭右衛門七 やとう-えもしち

1686-1703 江戸時代前期の武士。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。父の矢頭長助とともに大石良雄にしたがう。病没した父の戒名をかいた紙を兜頭巾(かぶとずきん)の裏におさめて討ちいったという。元禄(げんろく)16年2月4日水野邸で切腹。18歳。名は教兼(のりかね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢頭右衛門七の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧赤穂義士矢頭教兼

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android