知的クラスター創成事業

産学連携キーワード辞典の解説

知的クラスター創成事業

「知的クラスター創成事業」とは、研究機関、ベンチャー企業等の研究開発型企業等による国際的な競争力のある技術革新のための集積「知的クラスター」の創成を目指すもので、自治体の主体性を重視した自治体への支援事業である。事業期間は5年間、予算規模は年間60億円。「知的クラスター創成事業」では、平成14年4月に12地域10クラスターを「事業実施地域」として指定し、6地域を1~3年間の試行事業を実施する「試行地域」として指定した。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android