コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知空(2) ちくう

1件 の用語解説(知空(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

知空(2) ちくう

1634-1718 江戸時代前期-中期の僧。
寛永11年生まれ。浄土真宗本願寺派西本願寺学寮初代能化(のうけ)の西吟(さいぎん)に師事。寛文3年2代能化となる。閉鎖された学寮を学林として再興し,各地におこった教義上の異論を批判してただした。享保(きょうほう)3年8月13日死去。85歳。山城(京都府)出身。字(あざな)は性応。号は大可子,臥雲叟。著作に「安楽集鑰聞」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知空(2)の関連キーワード安保理決議1695と1718マトス国連安保理決議と議長声明カール[12世]カール徳川忠長とお昌両口屋是清津山城伊賀越の仇討ち市村座

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone