短距離秩序(読み)たんきょりちつじょ(英語表記)short range order

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強磁性体はキュリー温度以下では各原子磁気モーメント方向がそろい,自発磁化をもつ。これは磁性体全体に広がった秩序であるから,長距離秩序と呼ばれる。強磁性体温度を下げていってキュリー温度に近づけると,部分的な小さい領域内の原子の磁気モーメントの方向がそろいはじめる。この小領域は次第に大きくなり,その内部に着目するかぎりではキュリー温度以下とさほど変らない秩序状態が実現している。これを短距離秩序といい,強磁性体の場合に限らず,一般に相転移を起す直前の状態として観測される。たとえば,気相から液相への転移でも,液化温度の直上で局所的にすでに液相部分がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android