コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石丸石泉 いしまる せきせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石丸石泉 いしまる-せきせん

1813-1899 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。幕臣谷文晁(ぶんちょう),五十嵐竹沙(ちくさ)にまなぶ。桃源の図を得意とした。天保(てんぽう)8年から30年余学問所勤番をつとめた。晩年は博物館の古器物を模写し,徳川家の依頼で聖堂釈奠(せきてん)図を制作。明治32年9月16日死去。87歳。江戸出身。通称は山三郎。別号に三亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石丸石泉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android