桃源(読み)トウゲン

大辞林 第三版の解説

とうげん【桃源】

〔陶淵明の「桃花源記」に描かれた理想郷から〕
俗世間を離れた平和な世界。仙境。桃源郷。ユートピア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうげん タウゲン【桃源】

[1]
[一] 中国の洞庭湖の西方、湖南省桃源県の西南の山中にある地名。東晉の陶淵明の「桃花源記」の題材となった。秦人洞。
[二] 「とうかげんき(桃花源記)」の略称。
[2] 〘名〙 (陶淵明の「桃花源記」に基づく語) 俗世間を離れた安楽な世界。仙境武陵桃源。桃源郷。
懐風藻(751)遊吉野宮〈中臣人足〉「此地即方丈、誰説桃源賓」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃源の関連情報