コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井庄助 いしい しょうすけ

2件 の用語解説(石井庄助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井庄助 いしい-しょうすけ

1743-? 江戸時代中期の蘭学者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。オランダ通詞馬田家の養子となり,清吉(せいきち)と称し,明和8年小通詞末席に昇進。天明6年辞職して大槻玄沢(おおつき-げんたく)に同行して江戸にでる。石井恒右衛門,ついで庄助と改名し,松平定信につかえる。稲村三伯(さんぱく),宇田川玄随らにオランダ語をおしえた。肥前長崎出身。本姓は石津。名は当光(あつみつ)。訳書に「遠西軍器考」(1799)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石井庄助

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛保3(1743)
江戸中期の通詞出身蘭学者。長崎町人石津伊左衛門の子で,阿蘭陀通詞馬田家の養子となり,6代清吉と称す。宝暦12(1762)年稽古通詞,明和8(1771)年小通詞末席と昇進したが,その後通詞職を辞し,大槻玄沢の長崎遊学帰途に同行して天明6(1786)年に江戸に出る。名を石井恒右衛門のち庄助と改め,寛政4(1792)年森島中良(桂川甫粲)と共に白河藩主松平定信に禄仕。また請われて玄沢の門人稲村三伯,宇田川玄随らにオランダ語を教授。本邦初の蘭日辞典『江戸ハルマ』(1796)は,もともと辞書編纂の志を持っていた庄助の訳稿を三伯が完成したもの。玄沢のいう「良縁」の産物である。庄助は当時江戸で最も実力のある蘭学者と称えられていた。他に松平定信の命による訳書『遠西本草攬要』(1792),『遠西軍器考』(1799)がある。<参考文献>大槻如電『新撰洋学年表』,板沢武雄『日蘭文化交渉史の研究』

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井庄助の関連キーワードオランダ通詞大通事稽古通事小通事荒井庄十郎今村市兵衛名村三太夫西吉太夫