石井庄助(読み)いしい しょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井庄助 いしい-しょうすけ

1743-? 江戸時代中期の蘭学者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。オランダ通詞馬田家の養子となり,清吉(せいきち)と称し,明和8年小通詞末席に昇進。天明6年辞職して大槻玄沢(おおつき-げんたく)に同行して江戸にでる。石井恒右衛門,ついで庄助と改名し,松平定信につかえる。稲村三伯(さんぱく),宇田川玄随らにオランダ語をおしえた。肥前長崎出身。本姓は石津。名は当光(あつみつ)。訳書に「遠西軍器考」(1799)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石井庄助

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛保3(1743)
江戸中期の通詞出身蘭学者。長崎町人石津伊左衛門の子で,阿蘭陀通詞馬田家の養子となり,6代清吉と称す。宝暦12(1762)年稽古通詞,明和8(1771)年小通詞末席と昇進したが,その後通詞職を辞し,大槻玄沢の長崎遊学帰途に同行して天明6(1786)年に江戸に出る。名を石井恒右衛門のち庄助と改め,寛政4(1792)年森島中良(桂川甫粲)と共に白河藩主松平定信に禄仕。また請われて玄沢の門人稲村三伯,宇田川玄随らにオランダ語を教授。本邦初の蘭日辞典『江戸ハルマ』(1796)は,もともと辞書編纂の志を持っていた庄助の訳稿を三伯が完成したもの。玄沢のいう「良縁」の産物である。庄助は当時江戸で最も実力のある蘭学者と称えられていた。他に松平定信の命による訳書『遠西本草攬要』(1792),『遠西軍器考』(1799)がある。<参考文献>大槻如電『新撰洋学年表』,板沢武雄『日蘭文化交渉史の研究』

(鳥井裕美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android