石台(読み)せきだい

精選版 日本国語大辞典「石台」の解説

せき‐だい【石台】

〘名〙
長方形の浅い木箱の四すみに把手(とって)をつけた植木鉢。箱庭を作ったり、盆栽を植えたりするのに用いた。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「朽たる木をもえる丸太舟〈正友〉 や水縁にしてあきらか也〈一朝〉」
② 石の台座銅像などの台石。
※俳諧・芭蕉庵小文庫(1696)伊賀新大仏之記「涙もおちて談(ことば)もなく、むなしき石台にぬかづきて」
③ 石のうてな。石の台。〔王建‐逍遙翁渓亭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「石台」の解説

せき‐だい【石台】

植木鉢の一。長方形の浅い木箱の四隅取っ手をつけ、盆景を作ったり、盆栽を植えたりする。
石の台座。銅像などの台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android