箱庭(読み)はこにわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱庭
はこにわ

名園,山水などを模して小さなの中に適宜風物模型を配して造るミニチュア庭園。中国からもたらされた盆栽盆石,あるいは平安時代から行われていた前栽遊びなどともかかわりをもつ。しかし今日では盆栽や盆景などの象徴的な意味をもつものとは峻別され,子供の遊びを指す。また箱精神障害者に対する治療法にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はこ‐にわ〔‐には〕【箱庭】

浅い箱に土や砂を入れ、小さい橋・家・人形などを置き、木や草を植え、庭園・山水などに模したもの。 夏》「―の人に古りゆく月日かな/虚子
[補説]書名別項。→箱庭

はこにわ【箱庭】[書名]

三浦朱門長編小説。ある家族が不倫の情事をきっかけに崩壊していくさまを描く。昭和42年(1967)刊行。第14回新潮文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はこにわ【箱庭】

長方形や円形の小さい浅い箱や盤の中に,庭園の景を写しとったもの。実際の庭園と同じように築山式平庭式などがある。築山式は,小高い山を築き,やり水を流し,泉水をたたえ,中の島をつくって橋を架け,植込み石組みも添える。平庭式は,低い丘に白砂やコケを置き,植込みや石組みを配するもの。ネズ,ゴヨウマツ,ツゲ,ケヤキ,ドウダンツツジなどをあたかも高木に見えるように植え,石組みにも模様や色の豊かな豆石を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はこにわ【箱庭】

浅い箱や鉢に土を盛り、小さな草木や石などを配し、模型の橋・家その他を置いて山水や庭園の姿を模して観賞するもの。 [季] 夏。 《 -の人に古りゆく月日かな /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箱庭
はこにわ

1620年(元和6)、桂(かつら)離宮の造営にあたり、桂宮は庭師小法師に命じて、まず、その雛型(ひながた)をつくらせたという。それが箱庭の始まりといわれている。つまり、箱庭は庭園の雛型として生まれたものだが、その後、江戸時代の中期以降、庭をもたない庶民の慰めとして、おりから流行してきた園芸趣味の一分野として盛んにつくられるようになった。初めは浅い箱の中に土や砂を入れ、小さな木や草を植え込み、庭園のミニチュアであったが、やがて、「東海道五十三次の景」というように、名勝地の風景を表現するようになり、鳥居、人家、小動物などの陶製の小道具なども使うようになった。しかし、傑出した指導者もなく、流派もできなかったためか、しだいにあきられ、1887年(明治20)ごろ、和泉(いずみ)智川という人が箱庭を高度化した盆景を創始するに及んで、すっかり廃れてしまった。いまではその名ばかりが残っている。[村田圭司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はこ‐にわ ‥には【箱庭】

〘名〙 浅い箱の中に土砂を入れ、小さな木や草を植え、庭園・山水の景を模したもの。《季・夏》
※随筆・嬉遊笑覧(1830)一上「小々盆島は盆中仮山また盆景ともいふ。今世に箱庭などいふものをも云べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の箱庭の言及

【盆石】より

…《嬉遊笑覧》には,盆の上に自然のコケや草木をも植えこんだ盆石を盆景としており,なかには鉢植えに石を立てるものや,家や人物の模型を配置するものもあった。これらは盆石というより箱庭とか盆庭に近いものであろう。 盆石の興味が,名石の鑑賞から離れて背景画である砂絵の描き方に移るとき盆画が生まれる。…

※「箱庭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

箱庭の関連情報