コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚喜久三 イシヅカキクゾウ

2件 の用語解説(石塚喜久三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしづか‐きくぞう〔‐キクザウ〕【石塚喜久三】

[1904~1987]小説家。北海道の生まれ。国民学校教員ののち、内モンゴルに渡る。「纏足(チャンズウ)の頃」で芥川賞受賞。戦後の作品に「花の海」「肉体の山河」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚喜久三 いしづか-きくぞう

1904-1987 昭和時代の小説家。
明治37年9月5日生まれ。郷里の北海道小樽市国民学校教員をへて,内モンゴルにわたり,華北交通張家口鉄路局に勤務。かたわら蒙疆文芸懇話会幹事をつとめ,昭和18年「纏足の頃」で芥川賞。戦後も「花の海」「肉体の山河」などを発表した。昭和62年10月1日死去。83歳。函館師範卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石塚喜久三の関連キーワード朝鮮映画竹下登内閣解析変成作用熱雲東欧演劇日活(株)杵屋六四郎横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone