コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚喜久三 イシヅカキクゾウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚喜久三 いしづか-きくぞう

1904-1987 昭和時代の小説家。
明治37年9月5日生まれ。郷里北海道小樽市の国民学校教員をへて,内モンゴルにわたり,華北交通張家口鉄路局に勤務。かたわら蒙疆文芸懇話会幹事をつとめ,昭和18年「纏足の頃」で芥川賞。戦後も「花の海」「肉体の山河」などを発表した。昭和62年10月1日死去。83歳。函館師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石塚喜久三の関連キーワード昭和時代石塚纏足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android