コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚式食養法 いしづかしきしょくようほう

1件 の用語解説(石塚式食養法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石塚式食養法
いしづかしきしょくようほう

石塚左玄 (1850~1909年) が退役後組織した大日本食養会によって唱えた食養医学をいう。石塚は初め漢方医であったが,のちに西洋医学を学び,医師と薬剤師の資格を得,陸軍の医務関係の仕事につき,陸軍少将,薬剤監で退役,今日の各種玄米菜食運動の祖となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚式食養法の関連キーワード石塚積み石塚・積石塚身土不二秋田県湯沢市石塚福島県郡山市石塚埼玉県深谷市石塚千葉県市原市石塚新潟県妙高市石塚富山県高岡市石塚石塚左玄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone