コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石島筑波 いしじま つくば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石島筑波 いしじま-つくば

1708-1758 江戸時代中期の儒者。
宝永5年8月8日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩士。服部南郭(なんかく)にまなぶ。享保(きょうほう)15年脱藩。常陸(ひたち)(茨城県)筑波山麓(さんろく)にすむ。寛保(かんぽう)2年江戸にうつり,駒込に家塾芰荷園(きかえん)をひらいた。詩をよくした。宝暦8年8月17日死去。51歳。本姓は尾見。名は正猗(まさき)。字(あざな)は仲緑。通称は与右衛門。著作に「芰荷園文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

石島筑波 (いしじまつくば)

生年月日:1708年8月8日
江戸時代中期の漢詩人
1758年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

石島筑波の関連キーワード千村鵞湖生年月日高葛坡儒者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android