コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石島筑波 いしじま つくば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石島筑波 いしじま-つくば

1708-1758 江戸時代中期の儒者。
宝永5年8月8日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩士。服部南郭(なんかく)にまなぶ。享保(きょうほう)15年脱藩。常陸(ひたち)(茨城県)筑波山麓(さんろく)にすむ。寛保(かんぽう)2年江戸にうつり,駒込に家塾芰荷園(きかえん)をひらいた。詩をよくした。宝暦8年8月17日死去。51歳。本姓は尾見。名は正猗(まさき)。字(あざな)は仲緑。通称は与右衛門。著作に「芰荷園文集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

石島筑波 (いしじまつくば)

生年月日:1708年8月8日
江戸時代中期の漢詩人
1758年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

石島筑波の関連キーワード千村鵞湖生年月日高葛坡儒者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android