コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川伍一 いしかわ ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川伍一 いしかわ-ごいち

1866-1894 明治時代の諜報活動家。
慶応2年5月生まれ。石川達三伯父。東京で中国語をまなぶ。明治17年上海にわたり,荒尾精らにしたがう。特務機関にはいり,薬商人に扮して中国各地を調査。日清(にっしん)戦争開始直前の中国にとどまって単独で潜伏するが,明治27年天津で捕らえられ処刑された。29歳。出羽(でわ)鹿角(かづの)郡(秋田県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川伍一の関連キーワード鐘崎三郎明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android