コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川半山 いしかわ はんざん

2件 の用語解説(石川半山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川半山 いしかわ-はんざん

1872-1925 明治-大正時代のジャーナリスト。
明治5年8月17日生まれ。「庚寅新誌」記者,「信濃(しなの)毎日新聞」主筆などをへて,明治31年島田三郎の「毎日新聞」主筆。社会問題研究会,普通選挙期成同盟会に参加。大正3年万(よろず)朝報社にうつった。13年衆議院議員(憲政会)。大正14年11月12日死去。54歳。岡山県出身。本名は安次郎。著作に「烏飛兎走録(うひとそうろく)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川半山

没年:大正14.11.12(1925)
生年:明治5.8.17(1872.9.19)
明治大正時代ジャーナリスト。本名安次郎。筆名呑海,城北隠士。旧備中藩(岡山県)藩士石川彦衛の次男。慶応義塾卒業後,『庚寅新誌』の記者となる。明治27(1894)年,『信濃日報』主筆となる。上京後,『中央新聞』『毎日新聞』『報知新聞』を経て,45年『東京朝日新聞』に入社し,憲政擁護の立場から大正デモクラシーの論陣を張った。大正3(1914)年,『万朝報』へ移る。13年,憲政党から衆院議員となった。<著作>『粛親王伝』<参考文献>田熊渭津子「石川半山年譜」(明治文学全集92巻),「石川安次郎関係文書」(『国家学会雑誌』89巻3~8号)

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川半山の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリスト井手鉄処小林雄一佐藤密蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川半山の関連情報