コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川太刀雄丸 いしかわ たちおまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川太刀雄丸 いしかわ-たちおまる

1908-1973 昭和時代の病理学者。
明治41年3月29日生まれ。石川日出鶴丸の子。昭和13年陸軍技師として満州(中国東北部)にわたり,流行性出血熱,森林ダニ脳炎の研究にあたる。18年金沢医大教授となり,のち後身の金沢大の教授,同大がん研究所長。昭和48年10月19日死去。65歳。富山県出身。京都帝大卒。著作に「内臓体壁反射」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川太刀雄丸の関連キーワード秋山清[各個指定]芸能部門神代辰巳沢渡朔国木田独歩[各個指定]工芸技術部門ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)自動車工業造船業中南米映画

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android