石川太刀雄丸(読み)いしかわ たちおまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川太刀雄丸 いしかわ-たちおまる

1908-1973 昭和時代の病理学者。
明治41年3月29日生まれ。石川日出鶴丸の子。昭和13年陸軍技師として満州(中国東北部)にわたり,流行性出血熱,森林ダニ脳炎の研究にあたる。18年金沢医大教授となり,のち後身の金沢大の教授,同大がん研究所長。昭和48年10月19日死去。65歳。富山県出身。京都帝大卒。著作に「内臓体壁反射」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android