石川彦岳(読み)いしかわ げんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川彦岳 いしかわ-げんがく

1746-1815 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年生まれ。石川麟洲(りんしゅう)の次男。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)の人。上柳(うわやなぎ)四明,渋井太室にまなび,小倉藩校思永館の学頭となる。文化8年藩主小笠原忠固(ただかた)や,林述斎,古賀精里らと対馬(つしま)で朝鮮通信使に応接した。文化12年2月2日死去。70歳。名は剛。字(あざな)は君潜(なおずみ)。通称は元兵衛。著作に「対州従駕(じゅうが)記」「唱和集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android