コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋井太室 しぶい たいしつ

2件 の用語解説(渋井太室の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋井太室 しぶい-たいしつ

1720-1788 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)5年9月生まれ。渋井小室(しょうしつ)の父。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩儒。井上蘭台,林榴岡(りゅうこう)にまなぶ。藩主堀田正亮(まさすけ)・正順(まさあり)の2代につかえ,藩の文教につくす。著作に徳川家康から7代家継までの通史「国史」,「左国通義」など。天明8年6月14日死去。69歳。下総佐倉出身。名は孝徳(たかのり)。字(あざな)は子章。通称は平左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋井太室

没年:天明8.6.14(1788.7.17)
生年:享保5.9(1720)
江戸中期の漢学者。下総(千葉県)佐倉の人。名は孝徳,字は子章,通称は平左衛門,太室と号す。父重之は林大学頭に仕えていた。14歳で江戸に赴き,林家に入門,塾長であった井上蘭台に師事する。24歳で,佐倉藩主堀田正亮の侍読となり,藩政を助けて信頼が厚く,のちに上大夫に昇り200石を給せられた。朱子学を中心に据えながらも寛容な学風で,佐倉藩の文教に力を注ぎ,教育者としての功績に優れたものを遺す。主著である徳川の通史『国史』は,20年の間に5度の改稿を重ね,当時の人々にたいへん重用された。<著作>『読書会意』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋井太室の関連キーワード竹川政辰横谷友信下総佐倉佐倉炭川上右仲久保侈堂末包金陵夏見族之助菱川月山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone