コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川忠総 いしかわ ただふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川忠総 いしかわ-ただふさ

1582-1651* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)10年生まれ。大久保忠隣(ただちか)の次男。徳川家康の命により,外祖父石川家成(いえなり)の養子となり,慶長14年美濃(みの)大垣藩主石川家3代。19年実父忠隣の改易事件のため駿府(すんぷ)に幽閉されたが,石川姓ゆえにゆるされ,大坂の陣で功をたてる。加増をかさね,豊後(ぶんご)日田(ひた)藩主,下総(しもうさ)佐倉藩主をへて,寛永11年近江(おうみ)膳所(ぜぜ)藩主石川家初代。7万石。慶安3年12月24日死去。69歳。通称は宗十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石川忠総

没年:慶安3.12.24(1651.2.14)
生年:天正10(1582)
江戸前期の近江国膳所藩(滋賀県大津市)藩主。実父は大久保忠隣,石川家成の養子。通称宗十郎。主殿頭に叙任。大垣,日田,佐倉を経て,膳所7万石を領す。慶長19(1614)年実父の改易事件に連座したが,石川姓であったため許された。

(小柴良介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の石川忠総の言及

【佐倉藩】より

…10年老中就任に伴い土井利勝が入封(最初3万2400石,しばしば加増されて14万2000石),佐倉鹿島の地に佐倉城ならびに城下町を大規模に建設した。33年(寛永10)利勝の下総古河(こが)への転封後,石川忠総入封(7万石)。35年松平家信(4万石),42年老中堀田正盛が入封(11万石)し,正盛の子正信のとき,いわゆる佐倉惣五郎事件が起こった。…

※「石川忠総」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石川忠総の関連キーワード大久保忠為石川憲之石川総長中川久清小見川藩永山城奏者番膳所焼没年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android