コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川知福 いしかわ ともよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川知福 いしかわ-ともよし

1891-1950 大正-昭和時代の労働衛生学者。
明治24年8月5日生まれ。東京帝大で永井潜(ひそむ)の指導をうける。卒業後,倉敷労働科学研究所にはいり,労働衛生を研究。昭和13年国立公衆衛生院の労働衛生学部長。戦後は労働基準法の制定に寄与した。昭和25年5月24日死去。58歳。愛媛県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の石川知福の言及

【暉峻義等】より

…19年大阪に大原社会問題研究所が創立され,入所したが,実験施設を欠いていたため,東京において《日本社会衛生年鑑》の資料収集や八王子の機業女子労働の調査に従事した。20年,紡績労働者の健康と生産能率の研究を目的とした倉敷労働科学研究所が創設されると,その所長となり,石川知福,桐原葆見らとともに日本の労働実験医学の先駆的業績をつぎつぎと世に出した。人絹・スフ工業の勃興に伴う職業病防止研究の必要を主唱し,29年産業衛生協議会を創始し理事長となる。…

※「石川知福」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石川知福の関連キーワード暉峻義等昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android